スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】赤城蒼龍艦隊

4電
4暁
3霞
3潮(クロック相殺)
3磯波(全体パンプ)

4明石(全体パンプ)
4大鯨(ガウル)
3龍田(Lv0 6500)
2足柄(2500助太刀)
1鬼怒(1500助太刀)

1鳳翔(X応援)

3赤城
3蒼龍
2霧島
2茶金剛

4宝
4本

黄0枚 緑18枚 赤12枚 青20枚

ドラ1 13枚
ドラ2  0枚 


BCF仙台の艦これタイトルで使ったデッキ。
他は1ヶ月ショップで回してたくらいで実績は無いけど、レベル3が派手で個人的に気に入ってるからBCF振り返りついでにレシピあげ。
以下採用理由など


【レベル0】 17枚

・電 4枚
オカ研類似テキスト。ノータイム4投。

・暁 4枚
輝きあずさ互換。ノータイム4投。

・霞 3枚
相手リバース時他キャラ1体後列下げ。
ノーコストで効果発生には条件も無く強力なカード。
特に艦これミラーだと電や暁などの踏みやすいシステムキャラの比重が大きくパンチ数も多くなるのでリバース対象には困らない。
できるだけ引き込みたいけど0配分、色発生の関係でノータイム組とは一歩下がって3投。

・潮 3枚
相手キャラをクロックに送る0相殺亜種。
艦これミラーだと相手の電のテキストを使わせないようにしたり、盤面でレベルが0になる6500龍田を処理できたりと仕事が多い。
赤城選抜ならカラーも気にならず枚数が積めて、シフトの恩恵も大きい。
最初に組んだ時は2投だったけど増量して3投。

・磯波 3枚
電と同じデメリット持ちの特徴全体パンプ。
初風の代理。
けど赤発生要員や自身パワー2500、暁を持ってたり余裕があれば電を確実に登場させたりも。
電と違って後列要員だから最悪の状態でなければデメリットもそこまで気にならない。
ミラーでの後列の差は大きいので多めに積みたいけど全体パンプは明石もいるので3投。


【レベル1】 14枚

・明石 4枚
全体パンプ+2コストレストサーチ。
デッキの中心。こいつのお陰で試合毎の安定感、序盤の速度が出る。
基本的にハンドに入ったら1枚目は手放さない。自身のパワーが高いから2枚目以降も仕事が出来るのが強い。
電暁があるから3枚でも機能するけれど磐石に4投

・大鯨 4枚
特徴×500パンプで6500パンチャー。
0コスト最大パンチャーだからとりあえず並べて強い。
でも踏まれたら後続を投げ続けるしかないから対面の状態見てその都度盤面調整。
明石とセットで綺麗に展開できてメインパンチャー。4投。

・龍田 3枚
他キャラ2体以上で6500。盤面に居るとレベル0。
レベル0で相手に楽させることもしばしばあるけど6500の2種目は脅威。
大鯨と違って盤面が空く場合でも6500を保てたり、レベル0を逆に利用したり単純劣化にはならない。
けど枠の問題もあり枚数抑えて3投。

・足柄 2枚
2500助太刀。
盤面が整っていない場合でも揃ってる相手に対して2500値は有効。
終盤赤城や蒼龍での殴り合いの際も必要になって中盤以降も最後まで使える。
1500助太刀と枚数調整して2投。

・鬼怒 1枚
1500助太刀。
こっちはお互い互角の盤面でCX分の差などをコストをかけずに弾ける札。
赤の色調整要員にもなってる。助太刀の枚数調整で1投。


【レベル2】 1枚

・鳳翔 1枚
レベル比例X応援。
このデッキだと追加テキストのサーチ先も赤城蒼龍どちらも取れるので一番使いやすい。
けれど2枚目を使うことがほぼ無く、相手見て使う札なので1投。


【レベル3】 10枚

・赤城 3枚
2ドロー1ディス、パワーパンプ、クロック送り連動。
クロック送りのイメージが強いけどこのデッキだと一番おまけ(
相手に蒼龍を使われたときにCXを引きに行く2ドロー1ディス、盤面で差を付けるパンプテキストがメイン。
2ドロー1ディスは蒼龍のトップチェックと合わせてどっちのCXを引くか考えたり、登場順番によって色々な動きが出来るのがこのデッキの一番楽しい所。
ダメレで劣勢のときも赤城で制圧か、赤城のリバース対象を消しに行ってくれる相手なら蒼龍の方持ってきて連動したりできる。
何よりどっちのCXを引いても連動が出来るのが良い。
赤城選抜と言っても蒼龍と合わせてメインだから1枚落として3投。

・蒼龍
ソウルマイナス、トップチェック、ソウルマイナス連動。
劣勢のときも多面連動からまくれる力がある札。
赤城のパンプテキストでかなりでかくなる壁。
やることは大体赤城の所に書いてしまった。3投。

・霧島
登場回復11000。
回復要員。状況見てその都度握っておく。
赤城蒼龍が派手なので枚数抑えて2投。

・茶金剛
リムシ早出し、登場控え回収、10500。
レベル2パンチャーが入ってないので実質レベル2。
早出し成功時、特にミラーでの制圧は大分でかい。序盤のCXの見え方見て握れる所で握っておく。
毎回出す訳でもなく、回収テキストで2面展開も容易だから2投。


【CX】 8枚

・宝
赤城連動。

・本
蒼龍連動。


このデッキを作った時に意識したのは1帯大鯨龍田で蒼龍採用の青赤黄初風選抜。
全体の流れは同じだから赤城や潮で差を付ける感じで。
他の形は大鯨龍田で押し切れるなーと思って持ってった。
けどやっぱCXが本と宝の都合で山に触る回数が多くて下ブレする状況が多い。
その結果仙台は蒼龍皆無で島風に下ブレつつかれて死亡。
BCF後半は羽黒の門連動メインが強くなってきたから結局解体。
でも最近は周りと違うデッキを自分で1から作るってことが無かったから割と気に入ってる。
けど今じゃ使う機会ないんだよなー
艦これも最近はあんまり触ってないから何か良いの思いついたら組んでみたい。
スポンサーサイト

【WS】黄GFまとめ

年明けとは(
考えてる間に休み終わっててそのまま放置してた…
第三回は黄GF。
デッキ自体はまとまってたけど赤入りと黄単と両方試してた。
t青もワンチャン…?とか思ったけど、扉ほど強いテキスト無くて色発生きつくて詰んだ。
文緒して+2打つとかは知らないです(



・黄t扉

4相殺
4オカ研
4どろんこ(自キャラバウンス
2集中
1応援(レベルパンプ

4君との静寂(ストブ連動
4現場監督(体数パンプ思い出送り
1スプラッタドール(全体500、1コスレストで1体2500パンプ

2チャイナドレス(自ターン全体2000
2擬似リフ
1劣化美夏
2イベントカウンター

4武蔵
2排水の陣(早出し
5赤ゲイン(クロエ+苗

4扉
4ストブ



・レベル0 15枚
オカ研、どろんこを綺麗に引けてれば最初から最大数パンチできるのが強み。
逆に引けてないと殴れないので枚数はスマートに15枚。
基本的に相手より先にレベルが上がって良い事無いのでガンガン殴る。
序盤に出来るだけ素引きしたいカード3種は4投。
集中はゲーム内容によりけりで適度に触れる2投。実際なくてもいい(
応援は置き相殺等に対してオカ研で持ってくる動きでピン投。余裕があれば後列に置いておいて強いけど投げることが多いので数値がネック。

・レベル1 11枚
ストブ連動を主に意識して動く。テキストは頻繁に使わないけど面倒なキャラは現場監督。
三隈チェンジ等に対してはスプラッタドール拾っておく。
控えに触れないデッキなので最初にここまでの動きを考えて手札を作る。

・レベル2 7枚
チャイナドレスから展開して早出しが基本。けれど相手によっては3帯抱えながらキャラ投げた方が強いことも。
どの道チャイナドレスが核なので拾い損ねないよう序盤から意識。
可能であれば擬似リフするけど、集中から擬似リフとかするより早出しの方が強いこと多いので意識低め。個人的には1枚でもいい。
イベントカウンターは可能な限り握っておくけど、厳しいゲームで切り捨てるタイミング考える。
早出しで上から踏めるから美夏はテキストほぼ使わない。拾える助太刀+リバーステキスト回避用。
打点が一番細くなるレベル帯なのでCXは引ければ投げられるだけ投げる。

・レベル3 11枚
武蔵抱えてぶちまけておしまい。
扉は抱えずに2帯で投げた方が強いことが殆どなのでクロエ連動はしづらい。というかしたことない(
最初クロエ3苗2だったけど最終的にクロエ1苗4。
赤いカードは基本的に上から引くしかないので抱えるタイミングは早めに。

・CX 8枚
速度早いゲームを押し付けていくデッキだけど、ソウルが薄く返しの面も堅さも無いので基本的にCXが打点源。
ストブは勿論初手から抱え、それ以降のCXも動きに支障が出ない所までは抱えたい。
特に扉は色発生が難しいので赤は入れられるときにすぐレベル置き場に。




・黄単

4相殺
4オカ研
4どろんこ(自キャラバウンス
2集中
1応援(レベルパンプ

4君との静寂(ストブ連動
4明るい新年(トップ落ソウル+1
3現場監督(体数パンプ思い出送り

2チャイナドレス(自ターン全体2000
2擬似リフ
1劣化美夏
2イベントカウンター

4武蔵
3cipゲイン(風連動
2排水の陣(早出し

4風
4ストブ



ソウルの薄さからトップ落とし使いたくて赤抜いてみた。
0コスソウル2と微力ながら山調整が偉い。
いつ持ってても腐らないから4投にしたけど、スプラッタドールも使いたいから要調整。
3帯もcipゲインが黄色になったから触りやすくはなったけど扉の代償はでかい。
というよりt赤の理由が扉だったから本当大きい。
でもその分自分でしっかり管理できれば動きは滑らかになるから使いやすさは感じた。



あと不採用カードについて少し。


・0帯オバスペ(3500、cip4000、単騎4000
他のカードのテキストが強すぎてパワーに関してのテキストが入らない。
オカ研で持って来る用にピン投試してみたけど、オカ研のパンプタイミングも噛み合わず強さは感じなかった。
単騎は採用するなら4枚だけど枠無くて不採用。というか後攻で主要パーツ揃ったら2パン以上しててテキスト腐る。

・1帯パンチャー(クロアン、117000ハンドアンコ
クロアンは個人的に500査定持ってく死にテキスト扱いなので没。一応入れてみたけど一度も使わなかったしそもそも後列2面湧かない(
ハンドアンコールは好きなので最初は使おうと思ったけどこのデッキの動きの邪魔になって不採用。
必要な時はあると思うけど使わないときの1コストがハンドで重すぎる。

・X応援
チャイナドレスが化物過ぎて枠無し。
採用してもいいなとは思うけどCX打つタイミングも若干合わなくて下のテキスト活かしきれないのもある。

・+2対応
テキストにワンチャンはあるけど打つタイミング遅い上、早出しで盤面取れるのに過剰に打点伸ばす意味が薄かった。





このデッキは他のタイトルに出来ないことが沢山出来るのが強みかなと感じました。
偏り過ぎとも言える自ターンの出力は半端ない。
オカ研どろんこからの速度も相まって何もさせずに轢き殺せるマッチもたまに。
初風の縛りも薄くのびのびと動けるのも今の環境大きいです。
ヴァイスで速いデッキっていうと、もうイメージはこのデッキになってしまいました(

反面、自分の山の管理が出来ないのが大きな課題。
1周目CX沢山ツモったり踏んだりしてる時に相手に1周目5キャンとかされると、いくらフルパンしてても余裕でダメ捲られる。
3帯先上がりして持ちこたえられる能力が無いので、相手のハンドに圧力かけきれないとあっけなく死にます。
動きは好きな部類だけどこのどうしようもなさが欠点。
道程が長い地区決勝には不向きかなという印象。逆に全国やトリオなら思い切って使えるんじゃないかと。


GFはこれで終わり。
青も最初に思ってたよりはワンチャンあるらしいけど触れない方向で。
飛龍とかハルヒ長門テキスト互換とか面白そうではあるけど。
ニセコイがまとまらないから次の記事は未定。というより新規タイトルと制限改定によってはBCF使うまであるからその後かもしれないw
ラブライブ考えるのは周りに全投げしたのでテラフォーマーズ考えてみたいなと思ってます。

【WS】年明け記事その2 赤GF

第二回は赤GF。
未だに何故このタイトル組んだのかは謎。
原作知ってるっちゃ知ってるけど無性にパック剥きたかった奴。一番還元率良さそうだったのもある。
あとは黄色試して強い方残しておく感じになりそう。
青は他の人に任せますw



4一刀両断(控えCX1枚でキャラ下げ奴)
4赤全体応援
4忍者(アド集中)
2cipトップ落とし4500
3ストック相殺

4相殺
3相殺不可7500
2赤CX連動ハンド交換
2赤2000拳

2X応援
2美夏

4武蔵
3クロエ
3エレナ

4クロエ連動(扉)
4エレナ連動(2000/1)


・レベル0 17枚
基本は一刀両断引けてたらガンガン殴る。(ペルソナの一刀両断 雪子の類似テキスト)
先攻はエンドから3パン、後攻は相手に合わせて一刀両断が多い。
0の動きのメインなので一刀両断は4。というかまともに帰って来るキャラいない(
アド集中も出来るだけ早く触りたいので4。2枚目捻ることや地味にパンプテキストが活きることもあるから腐りにくい。
山のケアが出来ないデッキなので微力ながらトップ落とせるカード6枚。
cipパンプは4500まで出るのが優秀で、全体パンプは面で邪魔になりづらく集中の補助にも。
ストック相殺は黄色発生の為と響などを飛ばせる良カード。

・レベル1 11枚
相殺はパワーが暴力の4。時々CX込みで上から踏めたりもする。
相殺不可の11クロエは3。せっかく102000助太刀あるから1面は立てて競り負けないようにしたい。
赤CX連動は潤滑油に2。ハンドの不要牌切ってノンコストで控えに触れるのが優秀。
回してみたらCXのキープ率高かったから思ったより優秀な立ち位置。
2000拳は1枚触れれば控えから拾う手段豊富なので2。

・レベル2 4枚
前列キャラは1帯の延長と早出しに任せて0枚。
X応援は早出しとセットで出したいので2。最初1枚だったけど早出しの連動で拾うのは美夏とレベル3だったから触るのに増量。
美夏は扉と連動でしか触れないので2。あと黄色。
早出しメタでストック飛ばすのは劣化してるけど21カウンター入れるならこれ。

・レベル3 10枚
武蔵は拾う手段少ないから上から引くために4。
クロエは少し触る手段多めだし連動無い時に殺しに行けないので3。1枚苗に散らしてもいいかなと思ってる。
エレナは毎回1面早出したいので3。減らしても良いと思うけど全面捨てたら勝てるデッキになってないので安定枚数。

・CX 8枚
このデッキは各レベル帯でCXの補助があると滑らかだから比較的キープ率は高い。
吐ききれなくてもどちらも連動なので割り切っても最大値取りに行く動き。というより2000/1採用だから無駄にしてたらダメ追い付かない。
扉はクロエ連動。序盤のダメレ厳しいときと最後握れてれば打つ。
2000/1はエレナ連動。ストック的に連発出来るマッチは少ないけれどテキスト1回使うだけで最後までの道筋が堅実に。




このデッキの特徴は丸さ。全体の動きを隙無く採用枚数も丸く丸く。
あんまり面白みはないかもしれません。
最初赤GFを考えるにあたってネオス見て考えてたら、どうしても初風で詰んで形にならなかったので艦これは居ないことにしました(
艦これ踏んだら集中と気合いで誤魔化す方向で。
他のタイトル相手なら勝率は取れるんじゃないかと思います。
大分厳しいですが自分の中での赤GFの基準はこれになりました。
あとはプリティドールのチェンジセットと扉連動も試す価値はあるかなと。
エレナ早出しが夏祭り長門テキストで純粋に強いのでどうなるかなって所ですが。
考えられる事が多いプールなので色々と試していきたいです。

【WS】年明け記事 Angel Beats!

あけましておめでとうございます。
今年もTCGやってるつもりなので宜しくお願いします。
去年は1敗の重さを刻み込まれたので今年は対面全部ぶっ殺せるように頑張りたいです。
あ、態度は悪くならないように楽しくやりたいです(

挨拶のようなもの終わり。
正月は予定も挨拶とかも特に無くまったり時間が出来たので記事書こうかなと。
去年の後半で色々なデッキ触って手持ち増えたのでデッキ紹介。
来期に向けて残すもの絞るのもあってメモも兼ねてます。まあABはずっと持ってそう。
出来れば他のデッキも沢山書きたいなと思ってます。


第一回目はAngel Beats!
WGP2014ではネオス候補から外れていたので対人ではまともに打ってないけれど、タイカプがあったから一応ミラー見て調整。
と言ってもネオス見て、から回ってたのを元に戻していじっただけ。


4作戦会議
4葛藤
3お色気
3高松
1多生

4天使の翼
3模範
2見送る
1対立の終わり(僧侶)
1不敵な視線(水鉄砲)
2戦線の敵(2000拳)
4オペトル

1佇む
1神父
1椎名

2心臓
2発砲
3仲村

4別れの時(炎)
4世界の核心(扉)



・レベル0 15枚
葛藤はノータイム。0帯枚数と特徴から作戦会議まで固定。
パンチャー二種目は悩んだけどお色気。
ミラーだと相討ちが置かれるの嫌だしぶつけて確実にハンド削げるから安定だったけど、葛藤引いてブルドーザーした方が強かった。
行きどうしてもフロントせざるを得ないときはパンチ最後は安定(
高松は3枚。4でも良いけど速度上げるより1帯の面固めた方が強いから、確実に引くよりオバスペ7枚目。
多生は安定の1枚。

・レベル1 17枚
1帯の面を作るにあたってミラーだとゲームに響くので先に全体像。
ABはいくつか形あるけどミラーは炎一択。1000/1投げ続けるのが最強。
序盤の理想は葛藤2面。見送る優先して置く場面もあるけど普通に前列引けてるなら葛藤最強。

以上を踏まえて多面連動もするため翼は4投。
見送る置かないから神の使いは不採用。ミラーで最も圧力かかるけどあいつは爆発するから見送るとセット。
それより追加で既存の0コストキャラより+500出力出来るようになった模範が出たのでそっちを採用。
AB相手は葛藤込みで全面500オーバー出せれば十分なので、ここでの1コストは盤面より翼連動でハンドに変える。

・レベル2 3枚
安定の3種。
全面踏みながらより与打点を高く。

・レベル3 7枚
発砲は安定の2枚。
心臓は出来れば3入れたかったけど枠無くて2枚。
残る枠は仲村3枚。
ABの新弾出てから仲村について書いたこと無かったけれどこいつは必須。
2ドロー1ディスは連動引き込めて返しのハンドをトップ頼みにしない良テキスト。
いままで劣勢の時に心臓ゲインから1ターン見てた場面を相手押し上げながら出来る選択肢が取れたのは大きい。
あとは稀に発砲の4パンでは確実に殺しにいけない場面など、2面連動から5パンとかでワンチャン作れたりもする。
総じて可能性を広げてくれる1枚。
というかABは上で構えられないからキャンセル魔人に当たったときにこれないと無理w
仲村無しで問題ないという人はそもそも劣勢に陥らないってことだから無くても問題ない。
あとネオス見たら情熱少女強いなと思ったけど、タイトルだとバウンスのコスト他に回した方が強いから不採用に。



こんな感じで考えは固まってはいたけど実際に何十本何百本とミラーで調整したわけじゃないので粗もあると思います。
WGPでこのデッキを使ったのは金沢のタイトルカップ1回のみ。結果は3-1。
負けた所はキャンセルが0帯で相手の5止め助けたの1回と最後の仲村連動された時にバーン1点弾いた計2回だけで死亡。
デッキ同型な上先攻取られて相手も強かったのでまくる所無かったです。
めっちゃ悔しかったからまた機会があれば頑張りたい。

またオペトル打ちたいから来期は環境丸くなってることに期待。
というかゲーム出るし追加来るんじゃね?
一番付き合い長いデッキだから活躍させたい所です。

軽い記事でしたがABおしまい。次はどうするか考え中。
前期触ったログホラミクとか、最近は赤GFとニセコイリペアをよく回してるからそのあたりもまとめたい。

【WS】ニセコイまとめ

地区終わったからレシピあげ。
ニセコイ規制後うpだから完全にメモ帳(
ようやくまともにブログ更新できるネタってことで。
地区ごとに大分意識変わって全部書くとやばそうだから1番丸い名古屋金沢構築。
大体は金沢前に書いた物だから表現に違和感残ってるかもですが勘弁。



レベル0 18枚

4大変装!? 誠士郎
4意外な一面 千棘
4ニタモノ 楽
2水着の万里花
1ナツイロ 千棘
1初コイ 千棘
1ちび万里花
1秘密の場所で 小咲


レベル1 14枚

4週末のデート 千棘
3修羅場な万里花
3首をかしげる万里花
2約束のペンダント(黄
2約束のペンダント(赤


レベル2 5枚

1警視総監の娘 万里花
2お化け役の千棘
2白衣の天使 小咲


レベル3 5枚

3乙女心 万里花
2乙女心 小咲


CX 8枚

410年間の思い(扉
4交わした約束(門


黄11緑0赤24青15



【レベル0】

・4000鶫 4枚
教官アイン互換。
盤面に左右されず火力が出る強さは言わずもがな。
オバスペ採用するなら普通はこいつになるけど、このタイトルだとメイン特徴の鍵がなく使わない人も多い。
浴衣の千棘を使う人が多いみたいだけれど個人的にはこっち一択。
まず千棘と比較すると一枚で4000が出せる点。他のカードに依存しないのは大きい。
さらに後押しするのはニタモノ楽のテキスト。
このカードはできるだけペンダントを拾えるタイミングで出したいからレベル0で出すのを渋ることが多い。
楽のパンプがかからないのがデメリットじゃなく、楽に頼らないで戦えるって点も評価。
あと万里花集中の両テキストの対象外とか首をかしげる万里花でハンドに加えられないのを嫌がる人もいると思いますが特に気にするものは無いかなと。
寧ろ首をかしげる万里花で誠士郎が見えると1パン目にCXを噛まず終盤要らないカードを埋められるので良い場合もあります(笑)
千棘の方がはっきりと勝る点はアンコール。でもニセコイはレベル0が優秀なので投げるキャラの枚数には困らないですね。


・移動相殺千棘 4枚
中央移動と相殺。単純に強い。
デッキ作ってから一度も枚数が変わったことが無いカード。
これからも変わらないと思います。
序盤のアドバンテージとテンポを取ってくれるのは勿論、最終ターン前に綺麗に置けると詰めがやりやすくなる。
綺麗に置く為に中盤から盤面整理出来るとベストだけど狙って握ったり回収するカードじゃないから難しい。
上から引いた時に出来るなら考えるって所。


・ニタモノ楽 4枚
鍵全体パンプとハンド切ってペンダント回収。
規制前のニセコイを支えていたデッキの中心に近いカード。
イベントであるペンダントをノンコストで拾える良テキスト。
加えて序盤でペンダントを無理なく一度手放せたり、CXを引き込み過ぎた時に掃いたり潤滑油として大きく貢献。
それがデッキに無理なく入る特徴パンプに付いているので枚数も積めていつでも触りやすい。
人事を尽くして4投。上の二種も同じ理由で4投です。
4000鶫は3枚でずっと回していましたが移動引けないマッチや相殺が効かないタイトルに対して甘えたくなくなって最大枚数にしました。


・集中万里花 2枚
サーチのアド集中。アタック時1000パンプついてるのも偉い。
レベル0での相手とのアド差を付けられるチカラを持ってる。さらにトリガーしたCXを綺麗に掃ける手段。
アタック時パンプも無理なく投入できるので強い。
けれどレベル0で一番ブレのあるカードでもあります。採用枚数は0~4枚まで全部試しました。
ニセコイのタイトル内だとレストコストの兼ね合いが難しかったり、単純に効率良くハンドを増やす手段が沢山あるのもあります。
全く使わないマッチも多い謎カード。色が青じゃなければ抜いてるまである(
でも純粋に動きの幅が増えるカードなので採用。必須じゃないし2枚以上引きたくないカードだけど回収対象として選ぶことは少なく、赤ペン等からでは使うことができない為2枚。
実際この2枚って数字は集中テキスト持ちや色の調整もあって複雑な所。


・ピン投4種

この4種を選ぶにあたって不採用カードもまとめて紹介したいので後ほど。



【レベル1】

・6500千棘 4枚
思い出ペンダント1枚条件で6500のオバスペ。
採用理由も枚数も一番は色という謎カード。
とは言ってもコストかからず6500の高スペックなので普通に強いカードです。
レベル1での数値が重要なタイトルに対して張り合ったり、ミラーで修羅場に踏まれない壁を先に立てたり等。
修羅場と10相殺の三種をその時に応じて使い分け。


・修羅場な万里花 3枚
扉連動で相手倒してキャラ回収。
速度のあるゲームや後攻時のハンド枚数や質を上げながら打点が作れる強カード。もちろん先攻ぶっぱからの逃げ切りもあり。
自分のハンド内容や相手のキャラを見てペンダントで持ってくるのが主。
レベル1のメインに据えるほど強くはないです。半端なスペックなので相手が楽になることも。
でも扉に触れてたら基本的には狙っていきたいのと二面連動狙いたい場合もあるので、どこにあっても触れる3枚。


・首をかしげる万里花 3枚
登場時コンソールテキストとレベル1相討ち。
ニセコイはデッキからサーチするテキストが多いので登場ターンの行動の一番最初にプレイしておくと山が一枚減る。不要牌も掃ける。
万里花集中に関しては擬似的な5枚集中に。
山を作る展開にシフトした時に黄ペンやレベル3小咲の前に挟むだけで山の密度が上がっていきます。
不発時も鶫やペンダントなら1パン目トリガーCX回避、CXならサーチで山再構成や集中で確定ヒットなど多彩な動き。
強いカードだけどコンソールの仕事は裏方なので枠の許せる3枚。デッキタイプによって枚数は変動するのかなと思います。


・黄ペン 2枚
デッキから鍵サーチのペンダント。
テキストと色から構築初日は採用していなかったカードですが、このタイトルで重視する所を履き違えていたため手のひら返し。
というより黄ペンを使わずに自然に安定してペンダントを2枚使うってことが不可能でした。
制限改定にもよりますがよほどの事がない限りこのカードを抜くことは無いと思います。
このカードの強みは使用可能なら状況に囚われず自然に使えることと、連発が可能なことです。
ハンドを減らす事無くストックのCXも無理せずに処理できるので苦しい展開でも復帰が容易。
それと速度が速い相手に対して滑らかに使用できるのも強み。
反面ネックになるのは色。黄色という点で使ってない人も多いのではないかと。
確かに赤青黄にした場合に各レベル帯で配色を固めるのは難しいので色事故が発生することもあると思います。
それでもメリットの方が優秀だったのと、このタイトルにおいてペンダントを滑らかに使えないことは致命的だと思ったので採用となりました。


・赤ペン 2枚
キャラ2体レストコストで2枚キャラ回収1枚破棄。
レベル1から使える魔法少女現るテキスト。ぱっとみて強いと感じた人は多いと思います。
組んだ当初はこのカードに合った動きが出来ずそこまで評価は高くなかったけれど、後列の配置やキャラの動かし方に慣れてきてから強さを実感してきた感じ。
発売前は万里花集中、X応援小咲、擬似リフのパンプテキスト等との噛みあいを気にしていたけれど、そこまで積極的に使うレストコストにならなかったのが大きい。
序盤はレベル1で一色発生から10相殺を使ったり、マリガン前にレベル1を多く引いても強気に切れるのが良い。
その後も要所要所で綺麗に動ける。
けどやっぱりレストコストの捻出が厳しいマッチもあるので、赤ペンにしか触れないって事態は避けたい。
ペンダント配分はかなり迷ったけど2:2。感覚的には黄:赤=2.5:1.5くらいがベストな感覚(


【レベル2】

・X応援万里花 1枚
レベル×500応援と登場時1クロック鍵回収。
X応援についているテキストとしては結構優秀。
単純に2~3帯のライン上昇、2-5から無理矢理レベル3になったり、終盤のハンド調整にも。
小回り効いて痒い所に手が届く。
この1コストが重いこともあり必須カードではないのでピン投。
けど相手によっては触れるか否かで大きく変わるカードなので増やすのも視野。一度増やしたけど枠の問題でまた1枚に。
今後盤面への意識を強くしないといけないなら足りないかなって枚数。


・美夏カウンター千棘 2枚
早出しメタの美夏カウンター互換。
早出しキャラへの回答と相手キャラリバース時発動のテキストに対しての対抗策。大体はミラーでマリカから逃げる為。
余裕がある時は逆にこちらのマリカ連パンの補助に。
最初は意識薄かったけどニセコイ発売後のゲーム内容見たら意識せざるを得なくなったカード。
ゲーム中必ず1枚は持っておきたいので2枚。


・リフレッシャー小咲 2枚
擬似リフレッシャーでドローテキスト。おまけに2レストコストで2000パンプ。
リフレッシャーが強いのは言わずもがな。ハンドが増えるドローテキストなのが偉いし2000パンプはおまけにしてはでかい効果。
使うゲーム毎回触れるなら1枚でも問題無いけど安定の2枚。たまに3周目の為に2枚目を拾うことも。


【レベル3】

・乙女心 万里花 3枚

赤甲羅、マリオカート、マリオ、呼称は人それぞれ。このブログではカタカナでマリカってあったら乙女心のことで。
WS屈指の壊れカード。個人的にニセコイのプールは良いデザインだと思いますがこのカードだけは解せない。
とは言っても今はニセコイ相手も慣れてきて発売当初ほどのヤバさは無くなったか。5パンまでいくと大体されてる方が悪い(
最低2面はしたいので3枚。3面もするから4枚欲しくはあるけど最終盤面までにあればいいので意識すれば握れないことはないです。
最低限所在は常に意識しておくカード。


・乙女心 小咲 2枚

かわいい。今回お気に入りカードがしっくりこなかったから完全にイラスト(
早出しサーチ10500。数ある早出しキャラの中でも優秀。
ただ使うゲームと使わないゲームで重要度がかなり変わる。
相手の早出しメタ等に対してどちらが得するのか、ダメレや最終盤面を見て面を取るべきか否かなど状況によりけり。
ストックに余裕あれば基本投げた方が強い。
2面早出しして強い展開もあるけど機会は少なく、テキスト的にも繋がりやすいので採用は2枚。


【CX】

・扉 4枚

ノータイム。発売から一度も動いてない枠その2。
連動が強いのとハンドから切る方法の豊富さでキープ率は高い。
ただ完全にメインの動きではないのと相方が門なのでマリガン前は落とす。


・門 4枚

ニセコイ使ってる人でCX残り4枚の選択は千差万別ですが自分は門を選びました。
理由は単純で一番丸いこと。
純粋にハンド1枚分のアドを稼げる。あとチャンプからマリカに繋げるゲームで打点不足になりにくい事もある。
ハンド交換が滑らかな点や、積極的に撃つことは無いけど色が青で無理なく採用できる点も。
プールを確認した時、本が無いことで大分予定の構築が狂ったのがでかい。
大分試行錯誤はしたけど結局の所選んだ理由の一番は消去法ってのがある。
他候補は風、2000/1。下のは参考までに。

風…盤面や防御策が堅いタイトル相手に活路を切り開けるので最後まで捨てがたかったけれどミラーの多さを考えて不採用。
炎…ここ一番での強さは魅力だけどアドバンテージに繋がりにくい。
宝…テキストは最強だったけれど色がどうしても入らず。
2000/1…小回りは効くけど打点が重いゲームにむらがでる為。あとドラ2
ストブ…ストックの量と純度に貢献するけど扉連動採用だと使う流れが組み立てられず。あとドラ2
+2…ゴリラ。


採用カードの解説おしまい。
各項目で枚数の理由書いてるけどレベル帯配分、色配分とかで調整も含まれてるから若干ずれてるものもあります。
採用圏内のカードが多く幅広い択が取れるプールなので大分悩まされました。
調整する度に見える景色が変わっていくので結局納得できるものになったのは地区後半の金沢直前。
でもそれはそれで楽しかったですw

ここからは補足項目。


~採用圏の0帯ピン挿し枠~

・ちび千棘
ペンダント絆、黄色、パワー500、中央1000パンプ。
パンプテキストより色と相手キャラの下取れるパワーの方が強い謎カード(
名古屋前までずっと使ってお世話になった。色よりちび万里花のトップチェックの魅力が優り不採用。

・ナツイロ千棘
500応援、パンプテキスト、黄色、パワー500。
ニセコイにおいてパワーの調整がしやすい応援は特徴パンプより使いやすい場面が多々あります。
序盤は楽を含めて5枚目の応援。0帯では普通に出せて鶫にもパンプかかるのが優秀。
その他のレベル帯でも柔軟に働く。痒い所に手が届くって感じ。
財布への打撃は重かったが、4つの利点が綺麗に1枚になっているので採用せざるを得なかった。
でも一つ一つの仕事は小さい物なので不採用にして動きが悪くなると感じることは少ないかもしれない。

・立ち集中千棘
立ち集中、リバ1000。
山を多く削る特殊な札を持たないタイトルなので立ち集中は採用しておきたい。
リバースパンプも活躍する場面は多く、テキスト的には採用数を増やしたい所。
けどネックになるのが赤色。
赤には採用圏の優秀なテキストが沢山あり、これ以上増やすと黄と青が自然に入らなくなるため赤って時点でマイナスは大きい。

・収録中
トップチェック、手札入れ替え。
最初の頃は採用していたけどテキストが裏方仕事でそこに割ける枠が無くなって不採用。
さらに赤ペンの採用によって控えに触る手段が出来て役割が薄くなったことで優先順位は高くない。

・ちび万里花
トップチェック、ペンダント絆。
序盤から終盤まで面に空きがあれば多様な働き。
今までちび千棘と収録中でやっていたメインの仕事を1枚でこなせるのは強い。
今まで色の問題で採用見送ってたけど枠こじ開けて最近入れてみた。

・秘密の場所で 小咲
ペンダント2枚以上でcipサーチ、受け3500、青。
最初はサーチタイミングの遅さから評価していなかったカード。
けど小咲早出しのタイミングで出したり、速いゲームやチャンプするゲームでの対応力思ったより高かった。
さらに0帯で3500として壁になるのが意外に強い。
この1枚で動きの幅が出せるようになった。



~不採用カードに一言~

恒例の項目。
今回は単品評価もありますがデッキの形全体に関わってくるかなと思います。

・cipゲイン
採用率が高いのはレベル3回復の深まる友情 千棘ですかね。
これに関しては公式にも不採用のレシピが複数あったので似た意見の人も多いかなと思います。
理由は純粋にペンダント等の固定枠による枠不足。それから使用頻度の低さ。
ペンダントがあるからこそ1枚1枚の役割散らしたかったですが、そう思っても使う回数が少なすぎた…
自分の視点だと発売してまず2枚採用してから不採用に至るまで50本以上回して使った回数1回(
もちろんあった方が良い場面は訪れると思いますが、その枠を食った所為で落とすマッチの方が多く感じました。

・10カウンター各種
1500カウンターとみさりん互換の早出しメタ。
これらもcipゲインと同じく使用頻度と枠の問題が大きい。
それからこっちにはレベル1のハンド枚数の中で抱えていられるか、サーチ回収対象になり得るかって点も加味しました。
早出しメタに関してはレベル1で撃てる状態は稀で、2以降はリバーステキスト回避や打点をずらせる美夏の方が色々な場面に対応できる。

・クロアン小咲、青ペンなどの青軸
地区前半に多く見られた赤青の形。
答えは簡単。ゲーム中にペンダントが2枚撃てないから(笑
小咲早出しまでに2枚を目標とした場合黄ペン抜き赤青だと自然な動きで達成できる回数が著しく下がりました。
赤2本だと後列要求厳しすぎて、赤1本青1本だと青が自然に入ることが少ない。
最初は黄青ペンで回してましたが、最終的に青ペン自体がニセコイの動きには合ってないものだと感じました。
黄色採用だと3色になりクロアン小咲が週末デートになるのでペンダント要求のタイミングが早まるのもありますが、これらが些細に感じてしまえるほど赤青の動きの鈍さが目立ちました。



ここまでが艦これ追加直前に固まった思考。
最初の仙台地区ではペンダントが黄3赤1で秘密の場所で小咲が不採用だったり細部が異なり、
最後の東京地区では再び黄3赤1に戻り艦これ三隈チェンジを意識して立ち集中の増量、水着の千棘の採用などまた意識が変わりました。
まあ東京で艦これ3戦中三隈型は踏まなかった訳ですがw
環境や意識に合わせて細かくデッキが変化していけたのは良い所だったなと思ってます。

ニセコイってタイトル全体としてはまだまだ沢山出てきますが、膨大な上読めるものに出来るとは思えないのでこの辺で〆。
また読みづらい文章になったいたかと思います(汗
約4ヶ月の短い間でしたがこのデッキで戦えて楽しかったので感謝。
ホント来期何握ってどんな風にやってるか想像つかないw
リペアはまだまだ形になってないけれど、これから考えていきたいです!
twitter
今年の大型大会戦績
【BCF、WGP】

・BCF仙台ネオス6/18(物語)
予選4‐1

・BCF名古屋トリオ7/30(物語)
予選0-2
・BCF名古屋ラブライブ
6-0

・BCF横浜トリオ8/14(物語)
予選3-2

・WGP仙台ネオス10/1(艦これ)
予選2-2

・WGP博多ネオス10/8(物語)
予選4-1

・WGP広島ネオス10/29(物語)
予選1-2

・WGP名古屋ネオス11/19(TP)
予選4-1

・WGP東京ネオス11/20(TP)
予選4-1

・WGP大阪ネオス12/10(TP)
予選3-2

・WGP札幌ネオス12/17(TP)
予選2-1-1

【その他大型大会、非公認】

・第五回柏トリオ2/27(とらぶる)
予選2-1
本戦0-1

・第三回立川CS3/13(とらぶる)
予選3-1

・第五回MB杯3/20(物語)
予選4-0
本戦2-0

・第三回所沢トリオ3/21(とらぶる)
予選1-2

・第一回横浜CS5/3(ログホラ)
予選3-1

・池袋スクフェストリオ5/22(ラブライブ)
予選4-1

・第三回界隈CS6/25(物語)
予選2-2
本戦2-0

・第一回川口CS8/6(物語)
予選2-2
本戦0-1

・中野トリオ11/3(物語)
予選1-3-1

・中野トリオ11/13(物語)
予選3-1
本戦1-1

・ELT杯11/23(物語)
予選2-3

相州戦神館學園 八命陣
相州戦神館學園 八命陣 応援中!
天色*アイルノーツ
ゆずソフト最新作天色*アイルノーツ
リベリオンズ SecretGame 2nd Stage
この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― ハットVer
さくらさくらFESTIVAL!
さくらさくらFESTIVAL!
dies irae ~Amantes amentes~
Dies irae ~Amantes amentes~応援中!
終わる世界とバースデイ
atled
この大空に、翼をひろげて
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
オリカ
FC2カウンター
プロフィール

ワボダボ

Author:ワボダボ
WSがメインのTCGプレイヤーです。
BCF2010地区決勝から公式大会参戦しました。


・メインデッキ

赤緑黄物語



・主な戦積
【WS】
BCF2010トリオ優勝
WGP2012仙台トリオ優勝
WGP2013名古屋トリオ優勝
BCF2015大阪艦これ優勝
BCF2016名古屋ラブライブ優勝

【Chaos】
BCF2011東京VA優勝
BCF2013仙台リトバス優勝
BCF2013東京グリザイア優勝
WGP2013仙台ゆずソフト優勝

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。